産業用太陽光パネルシステム専門店 直輸入経産省認定の安心のパネルを格安で販売。高利回り可能。

蓄電池のメリット・デメリット

蓄電池を太陽光発電システムに導入するメリット・デメリットとは

太陽光発電システムと組み合わせることで発電のない時間帯でも蓄えた電力の活用を可能にするのが蓄電池。
こちらでは、群馬・栃木・埼玉エリアを中心に太陽光発電システムを手がける「エネアース株式会社」が蓄電池導入のメリットとデメリットについて詳しく解説しています。
これから太陽光発電システムを導入しようと考えている方、既存のシステムに蓄電池を新設しようと検討中の方はぜひ参考になさってください。

蓄電池のメリット

1.発電のない夜間でも蓄えた電力を利用できる

 

太陽光発電は通常、夜間帯は発電しません。
しかし、蓄電池を組み合わせることにより日中に発電した電力を蓄えられるので夜間はその電力で、ご家庭の家電製品・照明などを稼働させられます。
また電力会社から電気を買わずに済むので電気料金を抑えることができます。

2.災害時・停電時にも電気を利用できる

 

大規模な災害で停電することがあっても、蓄電池に電力が蓄えられていれば、いつも通りの生活を維持できます。
しかも、日中であれば発電・蓄電を行えるので、停電が長く続くような状況でも安心。
太陽光発電と蓄電池の組み合わせは相性バツグンです


3.ピークカット・ピークシフトによる蓄電池の価値

 

電力供給側からみてエアコンや照明、炊事などによってできる需要のピークを低く抑えることをピークカットといい、電力供給側からみた電力消費量のピーク時間帯を別の時間帯に変更することをピークカットといいます。

この両方の性能を活かせるのが蓄電池です。

電気料金プランを夜間設定にすることにより夜間帯に蓄電池にお得な料金で充電し、日中に蓄電池を活用することにより電気料金を抑えることができます。

蓄電池導入のデメリット

1.コストが高い

 

蓄電池に限らず、どんな電池でも容量=放電できる電力量には上限があります。
したがって貯めた電力より、使う電力が多ければ発電⇒蓄電するまで稼働できません。
蓄電池の容量を知って、電力使用をコントロールする知恵が必要です。

2.設置スペースの確保が必要

 

家庭用蓄電池の大きさの目安は、およそ幅100㎝、奥行き30㎝、高さ120㎝とかなりのスペースを必要とします。

また湿気が多く結露が生じやすい場所に設置すると劣化が進みます。長く良い状態をキープしていくには設置場所の適切な環境を選びましょう。

3.交換が必要

 

どのような製品にも耐用年数があり、蓄電池でも一緒です。しかも充放電を繰り返し行えばパフォーマンスは徐々に低下していきます。

いずれは交換が必要となってきますので適切な時に買い替えを推奨します。